ペプチドで免疫活性化

ペプチドで免疫活性化するがんの治療法は多くの機関で研究が継続されていました。近年、それらのペプチドを治療したペプチドワクチンの臨床実験が本格化し、各地で良い実験結果が得られています。

大変に希望に満ちた朗報と言えるでしょう。

くすし 拝

2010年8月17日 時事ドットコム

悪性乳がん細胞が消失=人工ペプチドで免疫活性化−北海道大など
北海道大遺伝子病制御研究所の西村孝司教授(免疫学)らの研究グループは17日、アミノ酸を結合させた人工ペプチドをがん患者に投与し、がんに対する免疫力を高める治療法の有効性を臨床研究で確認したと発表した。悪性の乳がん細胞が消失する効果も表れたといい、22日から神戸市で開催される「第14回国際免疫学会議」で発表する。
研究グループは、アミノ酸40個を結合させた人工ハイブリッドペプチド「H/K−HELP」を開発。従来のペプチドワクチンによる治療では、がん細胞を直接攻撃する「キラーT細胞」を活性化させることが中心だったが、H/K−HELPは、ほかの免疫細胞の機能を促進する「ヘルパーT細胞」も同時に活性化させる働きがあるという。これを患者に投与したところ、6人のうち4人に、がんに対する免疫力を示す数値の上昇が確認され、重い副作用はなかった。

また、共同研究者の奥野清隆近畿大医学部教授によると、再発で化学療法や放射線治療が効かなくなった悪性の乳がんの患者1人に投与した結果、CT画像で腫瘍(しゅよう)が完全に消失したことが確認された。

不適切な放射線がん治療

がんの標準治療の3大治療法とされて定着している「放射線治療」にて多くの治療が不適切に実施されていることが判りました。副作用は酷いものの、十分ながん細胞駆除ができていない治療例が多く存在したのだそうです。

その多くは、不適切な機器を選定して、不適切な方法で、不適切な量の放射線を照射する事例が多かったとのことで、その殆どでがん患者は激しい副作用に苦しんだようです。

治ると信じて命を削って受けた放射線治療が、実際には体を痛めつけただけで、治療には寄与できなかったとしたら.....非常に嘆かわしいこととしか言いようがありません。

がん患者と家族にとって衝撃的なニュースは厚生労働省の研究班が報告されたもので信用性は高いニュースです。
しかし、NHKが朝のニュースで報じたものの、それ以降は一切報道されません。ニュースのWEBページも削除されました。社会的に重大なニュースであるはずですが、大手新聞社や民放テレビ局では、全局が黙殺して報道されません。なぜでしょうか???
 

<ニュース掲載サイト>

がん治療は地域による治療設備の差が大きいことは周知の事実ですが、それぞれの病院に治療ができる、できないは存在しても、まさか不適切な設備で、不適切な治療を受けさせられるとは、誰も疑わないでしょう。
がん患者が身を守るためには病院の設備から治療例まで自己防衛によって調べなければならないということでしょうか。

少なくとも報道機関には公正かつ適切な調査・報道を願いたいものです。

βグルカン本舗
くすし 拝


がん発見が遅れる胃薬

胃がんの発見が胃薬が原因で遅れる例が増えているそうです。

胃酸の分泌を抑え、痛んだ胃の粘膜を修復する治療薬に医師の処方が必要だった成分を含めることが、1997年から改正薬事法で許可されています。これを受けて「H2ブロッカー」という成分を含む「ガスター10(テン)」等の胃潰瘍の治療薬が、テレビCMなどで大々的に宣伝され、広く利用されるようになりました。
H2ブロッカー入の胃薬は薬局で手軽に購入できるにも拘らず、効き目が鋭いために、利用者は増加の一途を辿り、多くの胃の痛みに重宝されています。

しかし、薬の効き目が鋭い、薬の効果に依存し過ぎる弊害が増えてきました。胃の不調を抑え過ぎ、病院の受診が不可欠な病気の初期症状を押え込んでしまうことがあるのです。
穴が開くほどの酷い胃潰瘍や、さらには初期の胃がんの痛みさえも、H2ブロッカーを用いれば、かなりの痛みを抑制できてしまうのです。これらの問題は薬の副作用ではないため、あくまで使用者の利用法と頻度による自己責任が問われます。

薬の作用・効果が高過ぎて がんを見過ごしてしまうというのは、極めて皮肉な状況ですが、多様化している市販薬の利用は、その効果の大小を含めてよく理解して使用する必要がありそうです。
心ある薬剤師の中には、高額で薬局の売上げにも寄与できるH2ブロッカー入りの薬品ではなく、まずは穏やかな効き目の市販薬から薦めることをあるそうですが、少数派でしょう。薬選びも、薬剤師選びも、自己責任が問われるということでしょうか。

単純には、繰り返し不調がある場合には、「病院を受診する」のが基本です。「痛み」とは体が訴えている警報なのですから、繰り返し続く場合には痛みを抑えるだけでなく、痛みの原因を調べることが不可欠であることは明白です。

古典的ながら確実な自己防衛ですが、痛みが続く場合には病院へ。


くすし 拝


がん手術の新手法

がん手術は取りきれないがん細胞が残ることで再発・転移することがリスクです。術後の体力・免疫力が弱った状態は、がん細胞に増殖の好機を与えているに等しい状況で危険なのです。

そのため、手術に際しては がん化している変性部位以上に大きめに切除したり、広い範囲を郭清することで、がん細胞の取り残しを予防していました。しかし、これらの方法は、患者の体に負担が大きいことが問題でした。また、切除/郭清する範囲を医師個人の経験と勘に頼らざるを得ないために、取り残しのリスクがどうしても残るもので、本当の手術の結果は数ヶ月の経過観察によってしか測れないものでした。

現在研究されている「がん細胞を光らせる術式」が実用化されると、がん細胞の取り残しリスクが最小化できます。最大の効果は、執刀する医師の技術差も縮小されることでしょう。

一人の天才医師が救える患者は数十人ですが、
数万人の誠実な医師が容易に使える効果的な術式ならば、
数十万人の命が救われます。

日本でも一日も早い実用化に向けて、治験の開始が待たれます。

くすし


2009年3月21日 日本経済新聞
 

東大・オリンパス、がんを1ミリも残さず切除 動物実験で確認

東京大学とオリンパスの共同研究グループは、体内にできたがんをほぼ確実に切除する新手法を開発し、動物実験で効果を確認した。特殊な薬剤を使ってがん細胞だけを光らせ、内視鏡などで切り取る。1ミリメートルのがんも残さずに手術することが可能で、再発防止につながる。人間への応用を目指して米国立衛生研究所(NIH)と組んで治験を進める計画だ。

研究成果は26日から京都市で開かれる日本薬学会で発表する。

がん抑制遺伝子の発見

がん抑制遺伝子の研究は数多くの研究機関で取り組まれてきました。
この遺伝子の発見はがんに関わる薬の開発手法を根本的に変革する可能性を秘めているため注目されます。
遺伝子に対する薬品開発は、効果、効能が大きいため、大きな期待を背負っている一方で、その副作用に未知の部分が多いのも事実です。

最終的に人間への応用が完成する薬品開発には、
まだ10年単位の時間を要することは否めませんが、
成功したならばがんという病の撲滅も期待できるやもしれません。

一日でも早く、その日が訪れることが待たれます。
 

国立がんセンター、がん抑制遺伝子を発見

国立がんセンター研究所の大木理恵子研究員らは、がんを抑制する遺伝子「PHLDA3」を発見した。人のがん細胞にこの遺伝子を入れると、がん細胞を死滅させることが分かった。新たな抗がん剤や診断法の開発につながる成果。米科学誌「セル」に6日、発表した。
多くのがんでは発がんの過程で「Akt」というがん遺伝子が働く。Akt遺伝子が作るたんぱく質は細胞膜にあるリン脂質と結合し、がんを引き起こす。今回発見したPHLDA3が作るたんぱく質は、Akt遺伝子のたんぱく質と同じ細胞膜のリン脂質に結合。Akt遺伝子のたんぱく質が細胞膜に結合できなくなり、がんを防ぐ。

PHLDA3の作るたんぱく質と似た構造の化合物を合成すれば、新たな抗がん剤の開発などに結びつく可能性があるという。
(2009.2.6 日本経済新聞

 

 


<がん>抑制遺伝子を特定…国立がん研の研究員ら

正常な細胞ががん細胞に変わるのを直接防ぐ遺伝子を、国立がんセンター研究所の大木理恵子研究員(分子生物学)らが特定した。さまざまながんの治療や診断の開発に役立つ可能性がある。6日付の米科学誌セルで発表した。
すべての正常細胞は遺伝子「Akt」の働きが異常になると、がん化することが知られている。通常、がん抑制遺伝子「p53」が司令塔となって、Aktががん化するのを防いでいるが、指示を受けて働く遺伝子の正体は謎だった。

研究チームは、がん細胞が死ぬことなく異常に増殖することから、細胞死を引き起こす遺伝子「PHLDA3」ががん化と関係があるのではないかと注目。ヒトの肺がん細胞を調べたところ、この遺伝子が欠けていることを突き止めた。また、Akt遺伝子の働きも異常に活発化していたことも確認した。【江口一】

2009年2月6日2時34分配信 毎日新聞

医師との死生観ギャップ

「患者は最後まで生きようとしているのに、医者は諦めている」!?

この統計の意味するところの概略です。

患者にとっては一度きりの人生、一人きりの家族ですが、
医者にとっては多数の患者のうちの一人ということでしょうか?
悲し過ぎる認識の擦れ違いです。

該当しないお医者様もおられることが救いですが、
「医は仁術ナリ」と信じたいものです。

あきらめなければ助かり、開ける未来もあるはずです。

くすし

(2009年1月15日 読売新聞
 

がん患者8割「徹底闘病」、死生観にギャップ…東大調査 -> 医師らは余生重視

がん患者の8割以上は、最後まで病気と闘うことを望みつつも、死を意識せずに普段通りに過ごしたいと考えていることが、東京大によるアンケート調査で明らかになった。

逆に、がん診療に当たる医師や看護師は、将来の病状の変化や余命を知って、死に備えることを重視する割合が多く、患者と医療関係者の間で価値観のギャップがあることが浮き彫りになった。
調査は昨年、「望ましい死」や「死生観」について、同大病院放射線科を外来受診しているがん患者や一般市民、同大でがん診療に当たる医師・看護師ら医療関係者を対象に実施。計1138人から回答があった。

「最後まで病気と闘うこと」に対しては、患者の81%と一般市民の66%が「必要である」と答えた一方、医師、看護師はそれぞれ19%、30%にとどまった。「身の回りのことが自分でできる」「死を意識せずに、普段と同じように毎日を送る」ことも、患者や市民の8〜9割が「必要」としたが、医師では約半数だった。

一方、医療関係者は「残された時間を知っておく」「会いたい人に会っておく」ことを重視し、死への心構えなどの準備をしたいと考える傾向があった。

光るがん細胞

昨年のノーベル賞の日本人受賞は誇らしいニュースでした。
その中でも下村教授の研究は、がん治療に生かされる可能性があるそうです。

癌細胞は目視だけでは完全な把握が難しいので、
顕微鏡による生体検査が不可欠ですが、
がん細胞を光らせる物質の開発が完了すれば、
手術での癌の取り残しが無くなり、再発予防や転移防止にも寄与できることでしょう。

くすし


2008年1月7日 日本経済新聞
 

光るがん細胞を研究機関に提供 アンチキャンサー・ジャパン

ノーベル化学賞を受賞した下村脩・米ボストン大名誉教授が発見したことで話題となった蛍光タンパク質の遺伝子を組み込んだがん細胞を、研究機関に提供する取り組みが始まる。米系バイオベンチャーのアンチキャンサー・ジャパン(大阪府茨木市、八木滋雄代表取締役)が大学などの研究機関向けに提供し、学術的な基礎研究に役立ててもらう。
提供するのは胃がんや脳腫瘍(しゅよう)などヒトの臓器などに由来する数十種類のがん細胞。緑色蛍光タンパク質(GFP)や赤色蛍光タンパク質(RFP)2種類を組み込んである。試薬大手の和光純薬工業(大阪市)を通じて、がん1種類につき年間50万円で提供を始める。

ナノバブルの効能

ナノバブルとは、オゾンを目に見えない程の小さな粒子にして水に溶かし込んだ水溶液です。
約1ミクロンのオゾン粒子を安定的に水に溶かす技術が特許技術であり、
株式会社REO研究所と独立行政法人産業技術総合研究所が共同開発した技術です。

愛知地球博で、淡水魚であるコイと海水魚であるタイが
同じ水槽で飼育されるデモが展示されたことが記憶に新しいものですが、
昨今はその殺菌力に注目が集まっています。

ナノバブルは加工食品の殺菌だけでなく生牡蠣の洗浄にも用いられ始めており、
食品の風味を損なうことなく、高い殺菌力が重宝がられているそうです。

東京医科歯科大学では眞野名誉教授が、このオゾンナノバブルの効果に着目し、癌(ガン)治療への応用を研究中とのこと。
がん細胞の培養実験では、ナノバブルが子宮頸がんのがん細胞の増殖を抑えるだけでなく、ガン細胞の縮小が観察されたそうで、さらに研究が深化されるそうです。

しかし、現象は観察されても、原理は不明のままのため、まだ人体での治験が実施できるレベルではないようです。つまり、血管投与が効果的なのか、それともβグルカンと同様に経口投与するべきなのか、摂取方法さえも暗中模索でこれからの検討課題のようです。

殺菌に関しても原理が解明されていない現状からすると、
がん治療への適用にまだまだ時間のも納得です。

しかし、日本発の新技術には期待が高まります。
期待が持てる技術が一つでも多く、開発/実用化されることが明日への希望です。

くすし

抗がん剤過剰投与で腎不全

抗がん剤は薬にも毒にもなるので、
投与するタイミングと量は慎重に判断されるべきです。
規定量の4倍もの過剰投与が行われてしまったこのケースでは、
不幸にも患者さんが「腎不全」に至ってしまいました。

自身の受ける治療に関しては、
医者を妄信するのではなく、
信頼しつつも自己防衛が必要ということでしょうか。
自ら、もしくは家族が受ける抗がん剤の種類は聴取しておいて、
その抗がん剤の副作用と適量を自分自身でも調べて把握しておきたいものです。

それ程に「抗がん剤」の投与は、重大な決断です。


くすし


2008年8月12日 日本経済新聞
 

抗がん剤を過剰投与 筑波大病院、予定量の4倍

筑波大は11日、筑波大病院(茨城県つくば市)で
茨城県の40代の女性患者に抗がん剤を予定量の4倍過剰投与する医療事故があったと発表した。
女性は重度の合併症で緊急入院中。意識はあるという。

筑波大によると、女性は2005年から、
同病院で内臓のがんの手術と抗がん剤治療を受けた。
今年7月、再発したがんを手術で切除した後、
4日間の抗がん剤治療を受け、退院した。

女性は8月上旬に来院した際、微熱と倦怠感を訴え、
急性腎不全などが認められたため、
抗がん剤の副作用の疑いで緊急入院した。

病院が投薬履歴を確認すると、
1回だけ投与する予定の抗がん剤を4日間連続で計4回投与していたことが判明。抗がん剤の過剰投与で副作用が強く出たとみている。

病院は、8日に調査委員会を設置、
医師や看護師らから事情を聴き、原因を調べる。(07:00)

 


肺がん検査に新手法

肺がんの検査に新手法が開発されたことで、従来法による喉の切開は不要になる見込みです。
がん患者にとって、検査だけでも負担が低くなるのは、歓迎すべきことです。

既に一般化している、鼻から通す胃カメラ=経鼻胃内視鏡検査のように、
検査だけでも患者の負担を少なく受けられるようになって欲しいものです。

βグルカン本舗 拝

------------------------------------------------------------------
千葉大・オリンパスが肺がんの新診断手法を開発
------------------------------------------------------------------
口から入れた内視鏡から超音波を当て観察し、針で組織を採取する。
喉に穴を開けずに、がんの進行状況や転移の有無を調べられる。

[千葉大学大学院医学研究院胸部外科学]
超音波気管支鏡診断(Endobronchial Ultrasonography: EBUS)

<関連記事>
[2007年2月23日/日本経済新聞 朝刊]
肺がんの診断、患者負担軽く ―― 千葉大・オリンパスが開発



最高品質βグルカンが
機能性を最大化!
専門店だけの
高品質・低価格!!


詳しくは

selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

archives

recent comment

profile

書いた記事数:224 最後に更新した日:2017/11/09

search this site.

others

mobile

qrcode

links