肺がん検査に新手法

肺がんの検査に新手法が開発されたことで、従来法による喉の切開は不要になる見込みです。
がん患者にとって、検査だけでも負担が低くなるのは、歓迎すべきことです。

既に一般化している、鼻から通す胃カメラ=経鼻胃内視鏡検査のように、
検査だけでも患者の負担を少なく受けられるようになって欲しいものです。

βグルカン本舗 拝

------------------------------------------------------------------
千葉大・オリンパスが肺がんの新診断手法を開発
------------------------------------------------------------------
口から入れた内視鏡から超音波を当て観察し、針で組織を採取する。
喉に穴を開けずに、がんの進行状況や転移の有無を調べられる。

[千葉大学大学院医学研究院胸部外科学]
超音波気管支鏡診断(Endobronchial Ultrasonography: EBUS)

<関連記事>
[2007年2月23日/日本経済新聞 朝刊]
肺がんの診断、患者負担軽く ―― 千葉大・オリンパスが開発


コメント
コメントする








   

最高品質βグルカンが
機能性を最大化!
専門店だけの
高品質・低価格!!


詳しくは

selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

archives

recent comment

profile

書いた記事数:228 最後に更新した日:2018/06/01

search this site.

others

mobile

qrcode

links