βグルカンの副作用

βグルカンには副作用が無いのですが、βグルカン健康食品には副作用が時折に発生します。最も記憶に新しいのはアガリクスによる副作用の事例でしょう。アガリスク健康食品の一部にがんの原因となりうる成分が発見されたために、回収騒ぎになりテレビ、ラジオ、新聞などでも大きく報道されました。

アガリクス健康食品が副作用を起こした原因は、栽培土壌に含まれていた重金属をキノコであるアガリクスが成長する際に吸収してしまい、成長したアガリクスに重金属が滞留し、製品にも重金属が含まれたことが原因でした。アガリスク健康食品を飲むことで目的とは真逆にもがんを促進してしまう副作用があったことは、社会的にも大きな衝撃であり、従前から低かった健康食品のイメージをさらに低下されるものでした。

この教訓は、最も多く流通しているβグルカン健康食品である
キノコ健康食品の危険性と非効率性を浮き彫りにしました。アガリクス以降も原料種別を替えて流通し続けるキノコ健康食品の機能性成分は、特殊な多糖類の一種である「βグルカン」であることは自明です。しかし、アガリクスにはじまりその後のメシマコブ、チャーガ、ハタケシメジ、ヤマブシタケ(ウサギタケ)、ハナビラタケ(花びら茸)に至るまでキノコ健康食品には、βグルカン(ベータグルカン)の含有率が非常に低いのです。

言い換えると、キノコに含まれる主要な成分とは、βグルカン以上に不純物の含有量の方が多いのです。それらは栽培土壌から吸収されたミネラルやキノコが生成したビタミンとされていますが、これは詭弁としか言いようが無いゴマカシです。主要成分であるはずのβグルカンが5〜40%と少ないにもかかわらず、「ビタミン・ミネラルも豊富に同時摂取できます!」という宣伝には、目を覆うばかりです。

ビタミンは通常食からも簡単に摂取が可能で、ビタミン・サプリメントも非常に安価に良品が簡単に入手できます。一方のミネラルに至っては、栽培土壌の重金属もミネラル(鉱物)の一種として含まれる可能性が示唆されているとも受け取れます。

βグルカン健康食品の危険性を除去するには、βグルカン(ベータグルカン)の純度が高い商品を選ぶことです。純度が高いβグルカンは、同時に不純物が少ないことを意味するからです。

現在のところ不純物を最低限度まで精製除去したβグルカン健康食品としては、βグルカン純度が60〜85%にまで引き上げられた製品が流通し始めました。

これらの高純度βグルカンであれば、不純物による副作用被害の可能性は払拭されています。

超高純度ベータグルカンオルタスβグルカン85は、開発から70年以上を経て精製度が上がった超高純度のパン酵母抽出のβグルカン健康食品です。
抽出原料のパン酵母(イースト菌)は、土壌栽培ではなく安全清潔なタンク培養ですので、キノコ健康食品に付随する副作用の危険性はゼロなのです。

安全にして、高純度。効率的で、安価なβグルカン健康食品なら、
超高純度ベータグルカンオルタスβグルカン85』が最上級でしょう。


コメント
コメントする








   

最高品質βグルカンが
機能性を最大化!
専門店だけの
高品質・低価格!!


詳しくは

selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

archives

recent comment

profile

書いた記事数:228 最後に更新した日:2018/06/01

search this site.

others

mobile

qrcode

links