買ってはいけないβグルカン

βグルカン(ベータグルカン)は素晴らしい成分なので、ベータグルカンが含まれている健康食品は 非常に大量に多くの種類が販売されています。

しかし、その多種多様なβグルカン製品の中には「買ってはいけないβグルカン」も多くあります。買ってはいけないβグルカン製品の注意点をまとめてみました。

価格が高いβグルカン
1ヶ月に数十万円もの購入費用が必要なβグルカン製品は値段が高過ぎます。 常識を超える価格の製品に対しては、むしろその品質さえ疑うべきでしょう。 内容成分がまともなβグルカン製品ならば、価格もまともであり、 その価格は常識で想像できる範疇です。 1ヶ月に1万円も支払えば必要十分な品質のβグルカンの量と質が確保できるのが 真実です。
成分の量が少ない、品質が悪いβグルカン
そもそもβグルカン製品を購入する目的は、 製品中のβグルカン成分を吸収したいからです。 それなのにβグルカンがほんの少ししか入っていない製品が実に多いのです。 キノコ健康食品では、微少量の5〜10%しか入っていないのが"標準"であり、 黒酵母エキス(アウレオバシジウム水溶液)などに至っては、わずか2%程度しかβ グルカンが入っていません。 これでは、製品の半分以上が水や不純物に占められているということなので、 十分な量のβグルカンを摂取することは極めて難しいのです。 やはりβグルカンは少なくとも製品中の60%、できれば80%を超える含有量の製品 を選ぶことが、機能性への確実な対策とできるでしょう。
成分検査されていないβグルカン製品
βグルカンが沢山入っています。」と宣伝するのは簡単です。 しかし、本当にその製品にその成分は含まれているのでしょうか? 今や口コミやレビューも有料広告でヤラセ記入される事例が多いため、 成分の本質を計ることは複雑な困難さが生じています。 結論としては、自社検査などの"手前味噌”のエセ高純度品ではなく、 公正公平な社外第3者による検査検量を公示している本物の高純度品を買うべき です。 信頼できる高純度の証の無い"自称"高純度"βグルカンは買ってはいけません。
商品知識が危うい=間違った情報のβグルカン
βグルカンを食事と一緒に摂りましょう。」などという非効率極まりない摂取 方法を推奨しているような誤った商品知識を広めているような販売店の製品は、 知識レベルと同等に製品レベルも低いことでしょう。 βグルカンの正しい摂取方法は、「食間に水だけで摂取する」が最大効率なので すが、これは成分の性質を理解していれば明白は注意事項のはずなのに、 危うい知識で製造、販売されるようなβグルカン製品は、 価格なりの品質や量が不足していると考えるのが妥当でしょう。
効果効能の解説や体験談が満載のβグルカン
これらは薬事法違反の宣伝広告です。 法律違反をしてまで販売されている製品は、明らかに不法利益を目的としていま す。 つまり、質が異常に悪いか、もしくは 不必要に高額で販売されている考えるの が自然です。 大げさな宣伝広告のβグルカン製品は買ってはならないのです。

以上のように、並べてみると買ってはいけないβグルカン(ベータグルカン)の条件は極めて常識的 と言えます。しかし、これらの常識的な条件を満たしている製品は、とても少なく、貴重な存在でさえあるのです。

買うべきβグルカン『オルタスβグルカン85』の希少性は、 よくよく調べた人ほどに、ご理解を賜っているのはこのような理由からなのです。

本物の超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』は、製造直販の『βグルカン本舗』のみの取扱いです。12月31日までの「年末感謝セール2016」をご利用下さい。

 

βグルカン本舗

くすし 拝

 


コメント
コメントする








   

最高品質βグルカンが
機能性を最大化!
専門店だけの
高品質・低価格!!


詳しくは

selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

archives

recent comment

profile

書いた記事数:224 最後に更新した日:2017/11/09

search this site.

others

mobile

qrcode

links