光るがん細胞

昨年のノーベル賞の日本人受賞は誇らしいニュースでした。
その中でも下村教授の研究は、がん治療に生かされる可能性があるそうです。

癌細胞は目視だけでは完全な把握が難しいので、
顕微鏡による生体検査が不可欠ですが、
がん細胞を光らせる物質の開発が完了すれば、
手術での癌の取り残しが無くなり、再発予防や転移防止にも寄与できることでしょう。

くすし


2008年1月7日 日本経済新聞
 

光るがん細胞を研究機関に提供 アンチキャンサー・ジャパン

ノーベル化学賞を受賞した下村脩・米ボストン大名誉教授が発見したことで話題となった蛍光タンパク質の遺伝子を組み込んだがん細胞を、研究機関に提供する取り組みが始まる。米系バイオベンチャーのアンチキャンサー・ジャパン(大阪府茨木市、八木滋雄代表取締役)が大学などの研究機関向けに提供し、学術的な基礎研究に役立ててもらう。
提供するのは胃がんや脳腫瘍(しゅよう)などヒトの臓器などに由来する数十種類のがん細胞。緑色蛍光タンパク質(GFP)や赤色蛍光タンパク質(RFP)2種類を組み込んである。試薬大手の和光純薬工業(大阪市)を通じて、がん1種類につき年間50万円で提供を始める。

コメント
コメントする








   

最高品質βグルカンが
機能性を最大化!
専門店だけの
高品質・低価格!!


詳しくは

selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

archives

recent comment

profile

書いた記事数:226 最後に更新した日:2018/03/01

search this site.

others

mobile

qrcode

links